2016年5月12日 自身の魅力を引き出すコーディネート術

大人のコーディネート術

男性の場合、デートのコーディネートに迷ってしまうということは珍しくありません。
コーディネートによって、女性が受ける印象っていうのは全く違ったものになってきますし
女性とのデートをより良いものにしようと考えるのであれば、コーディネートはとても重要なのです。
とはいえ、ファッションには疎いという男性も珍しくありませんし、女性によってそれぞれにダサいと思う基準も
全く違っていたりします。
仕事終わりにスーツでデートをするというような場合には、いきなり悪い印象をあたえるというような事も無いでしょうが、オフの日のデートの場合にもスーツを着ていくというのは、不自然になってしまいます。
逆に、普段のスーツ姿はかっこよく決まっているのに、私服はものすごくダサい。。。なんていうことになってしまえば、女性の印象は非常に悪くなるのは、考えるまでもないでしょう。
そのため、ここでは女性にダサいと思われないようなコーディネート術を紹介していきます。

マネキン買い

ファッションについて、疎いという方でもいくつかのポイントを押さえるだけで女性の印象を180度変えるという事も出来ます。

最も簡単なコーディネート術の一つが「マネキン買い」です。
プロがコーディネートした服装をそっくりそのまま身につけるわけですから、ファッションに関する知識を何一つ持っていないという方であっても、プロのファッションセンスを手にすることが出来るわけです。
ですから、女性に私服がダサいなんて思われる事もありませんよ。
ただ、マネキン買いの場合は、服の数がどんどんと増えていってしまうという側面も持っていますし、それ以外のコーディネートが出来ないという事にもなってしまうリスクも有ります。
ですから、コーディネートのポイントを把握しておく事が重要です。

押さえるポイントはそこまで多くありません!3つ覚えておくだけでも、十分なコーディネートが可能となります。
まず、最初に知っておきたいポイントは、サイズ感です。
自分の身体のサイズに合う服を身に付ける事が大切です。これは、体系が大きい小さい関係なく同様の事がいえます。ダボッとした大きめのサイズを身に付けるというファッションもありますが、どうしてもラフでだらしのない印象を与えてしまいがちですから、何よりもまずは自分に合うサイズの服を選ぶところがスタートになるのです。

シンプルに行くのであれば、2色で、基本的には3色程度

シンプルに行くなら2色次に、服の色味がポイントです。
カラフルな服を身につけるよりも、色を限定することが重要です。多色使いをしてしまうと、見た目にも派手にはなりますが、どうしてもゴチャついた印象になってしまいます。
では、具体的にどの程度まで色を限定するのが良いのか?シンプルに行くのであれば、2色で、基本的には3色程度、多くても4色にまとめる様にすればスマートな印象をあたえることが出来るでしょう。

最後はラフになり過ぎないという事です。
自宅でくつろぐというような場合であれば、ラフな格好でも問題ないでしょう。
しかし、キャラクターもののTシャツであったり、サンダルなど自分の趣味や楽さを重視しすぎてしまうのはデートのファッションには適していません。相手の女性も、デートとなればオシャレをしてくるわけですから、自分だけラフなスタイルでというのは、マナー違反になってしまうわけです。
ですから、きちんと相手に失礼にならないように、スマートなファッションを心がけるようにしましょう。
そうしたちょっとした心がけをするだけでも、相手の受ける印象というのは全く違ってくるのです。

ファションに自信が無いという方は、まずマネキン買いからスタートして、自分なりに少しずつアレンジを加えて行くことで、ファッションセンスを磨いていくといったことも可能です。

このように、デートにおけるファッションのコツというのは何も難しいことはありません。誰もが簡単に身につけ学ぶ事が出来るため、臆することなくファッションに磨きをかけましょう!