2017年3月23日 年下女性と親しくなるテクニック

年下の相手

恋愛を重ねていく上で、同年代の女性や年上の女性とはうまく話をして付き合っていくことができる人は少なくありません。
しかしながら、年下女性となると話が合わなかったり、どのように接していいのかわからないという男性もいます。
今回は、そうした男性に向けて年下女性と親しくなるためのテクニックをいくつか紹介していきたいと思います。
女性は若い方がいいと考える人は多いですが、実際に若い女性と接するとなると色々とわからないことが多くて困るという疑問を解決してより良いデートを実現しましょう。

年齢差を感じさせない

口説く年下女性と親しくなるテクニックの基本は、年齢差を感じさせないことです。
ですが、これは同年代になりきって接するというのとは、また違います。
「若いから元気だよね!」「もう年だから、体がもたないよ。」
といったような、年齢差を大きく感じさせるようなネガティブな言葉というのは、自分では何気なく言っているつもりであっても、相手には大きな年齢差を感じさせてしまう要因となります。
こうした部分を削ってあげることが年齢差を感じさせないためには必要不可欠。
無理に、若作りをして同年代になった気分で接する必要は何もありません。逆に、そうした若作りをして無理をするのも、痛々しいような感じで女性には見えてしまう場合もあります。
ですから、年齢差を感じさせないようにするためには、無理に相手に合わせて同年代気分にならず、かといって年齢を感じさせるようなネガティブな言葉を言わない。たったそれだけの事でいいわけです。

余裕は見せよう

カップル上記のように、年齢差を感じさせないようにしながらも、重要になってくるのが余裕を見せてあげることです。
悪い意味で年齢差を感じさせないというのは非常に大切ですが、人生経験の中で培ってきた経験や知識を持って、年上の余裕を見せてあげることはとても大切。
余裕を見せるという部分に関しては、同年代や年上の女性とデートする場合と比べてもはるかに楽だといえるでしょう。若い女性は若い分だけ人生経験が少ないので、余裕を簡単に見せられるわけです。
余裕を見せてあげるだけでも、女性の気持ちを一気に引き込むといったことも不可能ではないので、年下女性と親しくなるというような場合には、非常に重要なテクニックといえるでしょう。

話を聞いてあげる姿勢を持つ

手つなぎ年下女性と仲良くなるためのテクニックは色々ありますが、その中でも特に大切なのが、話を聞いてあげる姿勢を持つことです。
どうしても、年齢を重ねると人生経験から得てきた知識やウンチクを話したくなるもの。
ですが、それは厳禁です。
軽くそうした知識や経験を話すことはプラスになるでしょうが、それが多くなってくると女性の方もうんざりしてしまうこともあるでしょう。
そうしたことにならないように、女性の話もきちんと聞いてあげるようにしましょう。そうした上で、軽くアドバイスをしてあげるだけで十分です。
女性は、自分が話すことに対して同意を求めているというケースが非常に多いです。
そのため、女性が話していたことを頭ごなしに否定して、違うと説教をしてしまうようなことになれば、それだけで印象は悪くなってしまいます。
よしよしと、寛大な心をもって受け入れてあげ、その上でほんの少しだけアドバイスをしてあげる。
それだけでも十分に余裕を見せながら、女性に対して安心感を与えることができます。
安心感を与えられた女性は、その心地よさに次第に男性のとりこになっていくこともあるでしょう。

このように年下女性と親しくなるテクニックはいくつかありますが、そのどれもが大きな包容力をもって女性を包み込み安心させてあげるようなものになります。
年下女性と親しくなりたいからと、ガツガツと焦るのではなく寛大な心をもって接するように心がけてみてはいかがでしょうか。