2015年7月29日 交際クラブで好かれない男性の特徴

オシャレな美少女

銀座プレジデント倶楽部に登録している女性は、倍率の高い面接を経て厳選された絶世の美女ばかり。美しさはもちろん、知性や教養といった品格も持ちあわせておられます。
そのため、男性に対する審査の目も厳しく、中には女性から嫌悪感を抱かれてしまう男性がいるのも事実です。

女性というものは、一度男性に嫌悪感を抱いてしまうと、頑なに心を閉ざしてしまう生き物です。女性に心を閉ざされてしまえば、せっかくのデートも台無しに終わったり、関係性が発展しなかったりと、恋愛を楽しむことができません。

今回は、このような事態を避けるためにも、銀座プレジデント倶楽部において女性から嫌悪感を抱かれてしまう男性の特徴についてご紹介しましょう。

【不潔】

口臭がする、肌荒れがひどい、鼻毛がでている、髪やヒゲが伸びっぱなし、体臭がキツいなど、不潔な男性は、確実に女性から嫌がられます。デートの際には女性へのエチケットの意味も込めて、清潔感を身につけましょう。

【デリカシーに欠ける】

女性は男性以上に繊細で、傷つきやすい生き物です。そのため、女性へのデリカシーに欠ける言動はご法度。ちょっとした一言でも、女性の心には深く大きな傷ができてしまいます。中には執念深さから、いつまでも根に持ち続ける女性もいるでしょう。デートの際には、気配り・心配りのある言動を心掛け、常に女性を幸せな気分でいさせてあげてください。

【プライベートを詮索してくる】

銀座プレジデント倶楽部に登録している女性は、普段のプライベートとは違った非現実的な世界を求めている方がほとんどです。そのため、男性からプライベートをしつこく詮索されると、心置きなくデートが楽しめません。また、女性の多くは、初対面の男性に不安や不審感を抱きがち。そんな状態の相手にプライベートを詮索すれば、女性の不安や不審感は増す一方です。相手のプライベートが気になっても、女性側からその話題が出るまでは、聞くのを謹んでおいたほうが良いでしょう。

【自慢話が多い】

自分をアピールする際に、つい出てしまう自慢話。しかし、女性への自慢話は、相手を退屈させてしまうだけです。自慢話ばかりしていると、女性に「自分の話ばかりする人」「ナルシスト」「つまらない人」といったレッテルを貼られてしまいます。女性に好感を持たれるためには、自分よりも女性中心の会話を展開し、相手を退屈させないことが大切です。

【見下した態度】

社会的地位のある男性に多くみられます。部下を見下してしまうように、つい女性のことまで見下してしまうのです。せっかく出会った男性からいきなり見下されたような態度をとられると、女性は面食らってしまい、のびのびとデートが楽しめなくなってしまいます。女性の社会的地位があなたより下でも、そんなこと、恋愛においては何の関係もありません。相手をひとりの女性として捉え、対等な態度で接するように心掛けましょう。

【無理にカラダの関係を求める】

公園で会話
銀座プレジデント倶楽部に登録している女性の目的は、人によって様々です。純粋に交際相手や結婚を探している方もいれば、割り切った大人の関係を求めている方も。後者のような女性の場合には、カラダの関係を求めても問題ないと思います。しかし、前者のような目的で登録している女性にカラダの関係を求めてしまえば、目的の違いから嫌悪されがちです。カラダの関係を求める際には、相手女性の登録目的を確認した上で誘いを申し込みましょう。

このほか、お酒のデートでありがちなのが、悪酔い。酒癖の悪い方、お酒が弱いという方は、飲み過ぎないように注意しましょう。女性に迷惑を掛けてしまうことになり、好感度が下がってしまいます。また、嘘をつく、約束を守らない、時間にルーズといった人として基本的な行為が出来ない人も、女性に嫌われてしまいます。

銀座プレジデント倶楽部で得た出会いを無駄にしないためにも、今回ご紹介したポイントを踏まえ、最高級の女性とのデートに臨みましょう。