03-5568-3655

2020年5月28日 焦りは禁物?2回目のデートに誘うときのポイントを押さえよう

電話に出る女性

今回は、気になる女性との関係が始まったばかりの方向け。
「2回目のデート」をテーマにお届けします。

緊張しつつも初デートは無事に成功!
こちらとしてはもっと関係を深めていきたいと思っているし、相手も楽しんでくれたみたい……となればやることはひとつです。2回目のデートに誘い、互いの仲をさらに深めましょう。
ここでより良い雰囲気を作ることができれば3回、4回……とデートを重ねていくことができるはずです。

しかし、焦りは禁物です。
誘うタイミングや誘い方を誤ると思ったように仲を深めることができず、場合によっては相手からの連絡が途絶えてしまうおそれもあります。
というわけで今回は、2回目のデートをプランニングするうえで押さえておきたいポイントをまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

1~2週間以内がベスト!

電話をする男「そもそも2回目のデートっていつ頃がいいんだろう?」
「短いスパンで誘ったら嫌われないかな?」

このような悩みを抱えている方は結構多いのではないでしょうか。

結論から言うと、「初デートから1週間ほど間隔を空ける」のがおすすめです。
初デートが無事に成功したとはいえ、2人の関係はまだ始まったばかり。
相手のことを深く知らないうちから、いきなり「明日か明後日あたり、またどこか行かない?」と誘ってしまうと、引かれるおそれがあります。とはいえ、何週間も先、あるいは来月以降まで先延ばしにしてしまうと、女性側の熱が冷めてしまう可能性もあります。
というわけで、おすすめなのは1週間程度の間隔を空けること。
そこまでがっついている印象を与えることがなく、また女性側の熱が冷めることもないでしょう。

とはいえ、スケジュールの関係で予定が合わないこともあります。
その場合は、初デートから2週間以内を目安に日程を提案してみましょう。
これよりも先延ばしにしてしまうと、

「社交辞令で一応誘ってくれてる感じなのかな」
「そんなに先かぁ、結構時間空くなぁ…」

と女性側のモチベーションが下がりかねません。

誘うタイミング・誘い方は?

別れ際上記のように次のデート日は1~2週間以内がベストですが、誘うタイミングは「初デート直後」をおすすめします。
帰ってからお礼の連絡を入れつつ、そのやり取りの中で誘えばスムーズに話が進みます。
誘い方については、「また早く会いたい!」と気持ちを前面に押し出すよりも、「〇〇が好きって言ってたし、今度□□に行ってみない?」と自然な形を意識しましょう。
上記のように、会いたい気持ちを強くアピールしすぎると、女性に引かれるかもしれません。
心に余裕のある、大人の対応を見せましょう。

また、デート中に会話が弾み、初回から良い雰囲気になっているのであれば、別れ際に誘ってみてもいいかもしれません。
「今日はすごく楽しかったよ!」と好意を示しつつ、「次は〇〇とか行ってみない?」とさりげなく話を振ってみるのがスムーズです。

2回目のデートまでの過ごし方

LINEする男性次のデート日が決まったからといって、そこで安心してはいけません。
仮に次のデートが1週間後だとして、その間に何もしないのはNG。「どうせ来週には会えるから」と思わずに、適度に連絡を取ることをおすすめします。

次のデートが決まった途端にやり取りがなくなれば、当然女性としては「この人はどう思ってるんだろう」と不安になってしまいます。
まだ1回しかデートをしていない関係ならなおのこと。
また、人によっては連絡を取らないことで熱が冷めてしまうかもしれません。

その結果、女性が心からデートを楽しめなくなり、ぎこちない雰囲気になる可能性があります。
一方、適度にLINEや電話でやり取りをしていれば、少なからず好意があることを伝えることができます。女性の興味が薄れることもないでしょう。

初回よりも楽しいデートにするためには

2回目のデート初デートに続いて2回目のデートも成功すれば、その調子でどんどんデートを重ねることができるでしょう。
しかし逆に言えば、2回目のデートで失敗すると進展がないまま終わってしまう可能性があります。

そうならないためには、何かしらの工夫をすべきでしょう。
特におすすめしたいのが、「女性の趣味や好みに合う場所をチョイスする」ことです。
初デートのときにさりげなく女性の趣味や好きなものなどを聞いておき、それに関連した場所に連れて行ってあげることで、女性のモチベーションが上がること間違いなし。
加えて「ちゃんと話を聞いてくれてたんだ」と嬉しくなり、好感を持ってもらいやすくなります。

逆に注意すべきなのが、「いきなり馴れ馴れしくすること」です。
前回のデートで良い雰囲気だったからといって、いきなり距離感を縮めるのはNG。
勝手に下の名前で呼んだり、過度にボディタッチをしたりといったことはしないようにしましょう。
焦らず、紳士的な対応をすることで自然に好感度は上がり、互いの距離が縮まっていくはずです。

いかがでしょうか。
ポイントをおさらいすると、以下のようなことが言えます。

①日程は初デートから1~2週間以内

②誘うのは初デート直後がおすすめ

③強引に誘うのではなくナチュラルに

④デートまでの期間も適度に連絡を取る

⑤女性の好みに合わせたデートプランを組んでみる

2回目のデートの誘い方で迷っている方、初デートが成功したらそのまま2回目のデートも誘いたいと思っている方の参考になれば幸いです。