03-5568-3655

2021年8月19日 デートに遅刻したときの対処方法とは?

遅刻した男性

今この瞬間「デートに遅刻してしまいそう!」という方、ぜひ今回の記事をチェックしてみてください。
今回の記事では、デートで遅刻してしまったときの対処方法をまとめています。
遅刻に気づいたとき、まずは何をすべきなのか?
遅刻というミスを挽回するにはどうすればいいのか?
簡単にまとめてみたので、参考にしていただければと思います!

最初にすべきことはこれ!

「目が覚めたら待ち合わせの5分前だった!」
「仕事が長引いてこのままいくとデートに間に合わなそう」
そんなとき、まず最初にすべきことについてまとめてみました。
ポイントは、

・すぐに連絡すること
・急いで向かうこと

この2点です。

気づいたときにすぐ連絡

遅刻して電話する男性そもそもデートに遅刻するというのは、相手にきわめて悪い印象を与えてしまいます。
交際を始めてから時間が経ち、お互いのことを深く理解し合えているならともかく、まだ出会ったばかりでお互いのことがそれほどよくわかっていないという段階なら、特に印象は最悪のものとなるでしょう。
しかも、連絡もなしに遅れてきて「やあごめんごめん」などと謝られたりしたらどうでしょう?
「時間にルーズでいい加減な人」と思われてしまい、次のデートはないかもしれません。

というわけで、遅刻しそうなときは、まずはすぐに連絡することが大切です。
もちろん連絡したからといって印象が180度よくなるわけではないと思いますが、謝罪して正直に理由を告げ、あとどのくらいの時間で着くか伝えることで、「ミスがあったけど挽回しようとしている」と思ってもらうことができ、多少は悪印象がやわらぐでしょう。
ちなみにこのとき、下手な言い訳などをすると、「そんなことは良いから早く来てよ」とイライラさせてしまう原因になるのでやめましょう。

できるだけ急いで行くこと

歩きながら電話する男性何時に着くと伝えたあとは、できるだけその時間よりも前に着くことができるよう、急ぎましょう。

告げた時間よりも遅くなると、余計に相手がイライラしてしまいます。

最初に連絡をするとき、無理して「あと5分で着く!」などと言わず、正直に伝えることが大切です。

遅刻を挽回するにはこれ!

遅刻したものの、きちんと連絡をして急いで向かい、会うことができたとしましょう。
その後のデート中は、遅刻というミスを挽回することを考える必要があります。
具体的には何をすべきなのか、まとめてみました。

「ごめん」&「ありがとう」

謝罪する男性待ち合わせ場所に着いたときは、まずはきちんと謝ること。
それから、感謝の気持ちを伝えることが大切です。

ずっと謝られてばかりいると、人はネガティブな気持ちになってしまうもの。

謝罪ばかりで自分の落ち度を強調するのではなく、「待っていてくれてありがとう」と伝えて相手の良いところを引き立たせることで、その後の空気をやわらげることができるでしょう。

デート内容は相手優先

デート中のカップルたとえば、映画デートを考えていたのに遅刻したせいで映画館に入れなかったとしましょう。
デート内容を新しく考えなければならないわけですが、この場合は相手に合わせることが大切です。
相手が買い物に行きたいとか、○○を食べに行きたいとか希望を出してきた場合は、素直に従いましょう。

また、すぐに希望が出てこなかったときには、「どこ行きたい?」「何したい?」など相手に丸投げしてしまうのではなく、「こないだ○○買いに行きたいって言ってたよね」「○○食べてみたいって言ってなかった?」など、こちらから提案することが大切です。

まとめ

いかがでしょうか。
デートに遅刻してしまうと、相手の心証はよくありません。
遅刻した時間にもよりますが、挽回するのは簡単ではないでしょう。
しかし、絶対に挽回できないというわけではありません。
変な言い訳なしですぐに連絡し、急いで向かい、謝罪と感謝をきちんと伝え、楽しいデートになるよう最善を尽くすことが大切です。