03-5568-3655

2021年5月27日 「褒め上手」になりたい方必見!女性が喜ぶ褒め方とは?

女性を褒める男性

今回のテーマは「女性の褒め方」です。
女性からモテる男性は、皆さん「褒め上手」という共通の特徴を持っています。
ということは、つまり「褒めるテクニック」を身につければ「モテる男」に近づくということ!
では、具体的にはどんな「褒めるテクニック」があるのでしょうか?
以下にまとめてみたので、ぜひチェックしてみてください!

女性は褒められたい生き物

女性を褒める男そもそも褒め上手な男性がモテるのは、なぜなのでしょうか?
それは、女性の多くが「自己肯定感が低い」という性質を持っているから。
たとえば女性は、男性から見れば十分にスタイルが良いのにもかかわらず、「太ってるから痩せたい」などと言ったりします。

このように、「周り」と自分を比べて自分が劣っていると思い込む性質があるため、上手に褒めてあげることで気分を高めることができます。
結果的に、「この人といると楽しい」という気持ちが芽生え、好意が強くなっていくわけです。

では、実際に「褒めるテクニック」を見てみましょう。

その①見た目ではなく「内面」を褒める

褒める決して、外見を褒めることが悪いということではありません。
ただし、「カワイイね」「キレイだね」などという単純な褒め方は要注意です。
「外見重視の人なんだ」
「軽そう」
「みんなに言っているんだろうな」
など、マイナスに受け取られてしまう場合が多いからです。

というわけで、女性は性格などの「内面」を褒めるようにしましょう。
たとえば、話しているときに仕事や学業で成果を出したという話が持ち上がったときは、
「○○ちゃんは努力家だね」
など、彼女が努力をしたという内面に根差した部分を褒めてあげるのです。

その②「モノを」ではなく、「持っている人を」褒める

ワンピースたとえば、
「かわいいワンピースだね」
という誉め言葉は一見きちんとしたものに聞こえますが、これは「惜しい褒め方」です。
女性の服に着目しているという点はよかったのですが、これでは女性本人ではなく「モノ」を褒めていることになってしまいます。

女性が喜ぶ褒め方をするのであれば、
「そのワンピース、○○ちゃんによく似合っているね」
「そのワンピース可愛いね。バッグと合ってる。コーディネート上手なんだね」
など、身に着けている女性自身や、彼女のセンスを褒めてあげましょう。

また、これは髪や化粧、ネイルなどでも同じです。
ただし、過度に褒めすぎるとわざとらしくなってしまうので注意しましょう。

NGな褒め方

上手に褒めるのはむずかしいという方は、せめて間違った褒め方をしないために、以下に紹介する「NGな褒め方」をしっかり覚えておきましょう。

金目の物を褒める

金目の物を褒める前述のように、身に着けているものに着目することは決して悪いことではありません。
しかし、
「そのワンピース高そうだね」
「そのネックレス似合ってるね。いくらしたの?」
など、お金に関する話題を出すのはNGといえます。
イヤミを言っているように思われたり、「お金のことしか考えていない人」のようなレッテルを張られる原因になってしまったりするので注意しましょう。

「言い方」にも注意!

褒められて不満の女性せっかく褒める内容は良いのに、言い方が良くないせいで女性に引かれてしまうパターンもあります。
たとえば、よりロマンチックな雰囲気を演出しようとして耳もとで褒め言葉をささやくとか……。
特に、それほど仲が深まっていない段階でこのような褒め方をするのはNGです。
「いきなり距離感が近すぎてイヤ」
ということで、嫌われてしまう可能性があります。

まとめ

いかがでしょうか。
女性を褒めるのはなかなか大変ですが、
・彼女自身のセンスや内面を褒めてあげること
・内容だけでなく言い方にも気をつけること
といったポイントを押さえることで、モテる男へとステップアップしていくことができると思います。
ぜひ参考にしてみてください!