03-5568-3655

2019年3月28日 お花見デートを盛り上げる必携アイテム&都内のおすすめスポット

日比谷公園

昨年末から続いていた厳しい冷え込みがようやく緩やかになり、春本番の暖かさを感じられるようになってきた今日この頃。すでに都内各所で春の訪れを告げる桜の開花が始まっており、本格的なお花見シーズンが目前に迫っています。

儚くも美しく散る桜を眺めながら、春のうららかな日差しのもとでひとときを過ごすお花見。

大勢でワイワイ楽しく過ごすのも良いものですが、女性とロマンチックなデートのひとときを過ごすのも楽しいもの
というわけで、今回は「お花見デート」をテーマにお送りします。

女性の心をつかむ!公園デート必携アイテム

公園花見デートお花見デートといえば、公園のベンチに並んだり、シートの上でのんびりとくつろいだりしながら過ごす「公園デート」が定番。

ランチやアフタヌーンティーを楽しみつつ、桜の下で2人の距離を縮めることができます。

ここでは、そんな公園でのお花見デートを盛り上げることができる「アイテム」を紹介したいと思います。

場を華やかにする「春スイーツ」を用意

赤坂青野の桜餅単なる「公園ランチデート」とは異なる、桜のもとで過ごす華やかなお花見デート。

その雰囲気を盛り上げるために用意したいのが、見た目にも楽しめる春ならではのスイーツです。女性の心をグッとつかむことができるでしょう。

たとえば、やわらかな生地と舌の上でとろけるような甘いこしあんが絶妙なハーモニーを奏でる桜もち。

赤坂の老舗和菓子店『赤坂青野』や、昔ながらの職人技が光る墨田区向島の桜もち専門店『長命寺桜もち』など、都内には名店が数多くあります。

デート前に、リサーチしてみてはいかがでしょうか。

夕方のお花見には「ブランケット」を用意

ブランケット暖かくなったとはいえ、日が傾き始めると冷たい風も吹く今日この頃。そんな中でお花見デートを企画するなら、ぜひブランケットは用意しておきたいところです。

夕焼けに映える桜はロマンチックでありつつも、どこか儚さが際立ちます。静かに眺めていると人恋しさが増し、隣にいる人への想いがつのります。

要するに、より親密なムードのひとときを過ごすことができるわけです。そんなとき、ちょっと厚めのブランケットを膝にかけて寄り添えば、気持ちはより盛り上がることでしょう。

「今日は、夜が更けて朝が来るまで帰りたくない」

ということになり、2人の関係をスムーズにステップアップさせることも期待できます。

公園デートのおすすめスポット

コンクリートジャングルの東京都内にも、豊かな緑の中に桃色の宝石のような桜が美しく咲き誇る人気のお花見スポットが数多くあります。ここでは、そんな中から2ヶ所、おすすめスポットを紹介してみたいと思います

日比谷公園

日比谷公園の桜東京メトロ日比谷線・日比谷駅を出てすぐのところにある日比谷公園は、毎年3月下旬から4月上旬にかけて、約40本の桜が咲き誇る人気スポット

同じ千代田区にある「靖国神社」「北の丸公園」などに比べると桜の規模は控えめですが、その分だけ落ち着いた雰囲気の中でお花見を楽しめます。

特に人混みが苦手な女性、まったりとしたデートを希望する女性をエスコートするのに適しています。

また、お花見ができる園内の草地広場から歩いて約5分のところには、五ツ星級の高級ホテル『帝国ホテル東京』があるのもポイントです。

「そろそろお泊まりデートに誘ってもいいかな」という方には、ぜひあらかじめ予約しておくことをおすすめします。

井の頭公園

井の頭公園吉祥寺駅から徒歩で約7分のところにある「井の頭公園」は、老若問わず人気が高いお花見スポットのひとつです。敷地内には500本にのぼる数の桜が咲き誇ります。

見どころは、清明な水をたたえた広大な井の頭池に舞い散る花びら。陽光をきらきらと照り返す水面に、桃色のじゅうたんのように桜の花びらが敷き詰められる美しい景色を見ることができます。

池のフチを散策しつつ見物するのも良し。あるいは、2人乗りのボートで池に漕ぎ出し、間近に感じるのも良し。

たっぷりと桜を楽しむひとときを過ごすことができるでしょう。

吉祥寺第一ホテルちなみに、『帝国ホテル』には及ばない規模ながら、井の頭公園の近くにもお花見のあとに一夜を過ごすのにぴったりのホテルがあります。

吉祥寺の繁華街にガラス張りのモダンな姿を見せる『吉祥寺第一ホテル』には、こだわりのSIMMONS社製ダブルベッドを置いた「スーペリアダブル」など、カップルにおすすめしたいお部屋が用意されています。

こちらもぜひチェックしてみてください。