03-5568-3655

2020年11月26日 「年下の彼女」と長続きするための3つのコツ

若い恋人

「交際クラブで10~20歳の“年の差”がある女性との恋愛を楽しみたい」
そんな方もいらっしゃると思います。
今回は、そのような方にぜひチェックしていただきたい「年下の彼女と長続きするコツ」です。
どんな点を心がけて交際を進めていけばいいのか、確認していきましょう。

守ってあげよう

歳の差カップル若い女性が年上の恋人に期待するのは、「守って欲しい」ということ。言い換えれば、「頼りになる存在であって欲しい」と考えています。
というわけで、2人で過ごすときは彼女を守ってあげることを意識しましょう。
たとえば、道を歩くときは車道側を歩き、足場が悪いところでは彼女の手を取って支えてあげます。
このような行為が自然にできるようであれば、「この人は頼りになる=ずっと一緒にいたい」と思ってもらうことができるでしょう。

子ども扱いはしないこと

子供扱いただし、注意点がひとつ。
年上ならではの態度を示して守ってあげるのは良いですが、彼女を「子ども扱い」するのはNGです。
交際中の女性は、「いざというときに頼りになる存在」を求めているのであり、普段はあくまでも対等な存在として向き合うことを望んでいます。
「オトナ同士の交際をしたい」と考えているわけです。
確かに、年下の可愛らしい女性に対していろいろ世話を焼いてあげていると「保護欲」が満たされる感覚を覚えるものですが、女性は「ちゃんとオトナとして扱ってよ!」と不満を抱えてしまうかもしれません。

甘えさせてあげよう

年下の女性と付き合うときのコツは、年上の男性らしく「余裕のある態度」で彼女に接すること。彼女が、「この人に甘えたい」という男性になることが大切であるといえます。
彼女の相談事は真剣に聞き、寄りかかってきたときはしっかり抱きとめてあげる「大きな器」を持って接しましょう。

たまには隙を見せること

相談ただし、「隙のない完璧なオトナ」になる必要はありません。
「全然ミスをしないし、絶対に甘えてこないし、弱音も吐かない」という男性に対して、女性は壁を感じてしまうことがあるようです。
ただでさえ年の差がある中で壁を感じてしまうと、女性は不安になってしまいます。
というわけで、「たまには隙を見せる」ということを心がけてみましょう。
難しく考える必要はありません。
たとえば、仕事が上手くいかないときや落ち込んでいるときは、素直に彼女に相談したり、慰めて欲しいと伝えてみたり……。
女性の持つ母性本能をくすぐり、より2人の心を近づけることができるでしょう。

ジェネレーションギャップを認めること

ジェネレーションギャップを感じるカップル年齢差があると、どうしても世代間のギャップが気になることがあるかもしれません。
笑いのセンスや礼儀作法の考え方が違ったりして、相手のことが非常識に思えることがあるかもしれません。

しかし、そんなときに頭ごなしに相手を否定するのは良くありません。
年齢が離れているのですから、ジェネレーションギャップは「あって当たり前」と考えたほうが自然です。
「理解できない」と突き放すのではなく、歩み寄る姿勢を見せることが大切であるといえます。

人目は気にせず楽しもう

年の差カップル年の差があると、どうしても「周囲の目」が気になってしまう。そのような方も多いかと思います。
2020年は男性芸能人が年下の女性と結婚するというニュースが多く聞かれ、「年の差カップル」が注目されていますが……。
とはいえ、やはり同じ年頃の男女が付き合うカップルが多い中、年の差カップルの存在は目立ちます。
「周りからどんなふうに見えているだろう」と神経質になったり、無理して若作りをしてみたり……。

しかし、周囲の目を気にし過ぎると目の前にある恋愛を楽しむことができなくなります。
女性としても、隣にいる男性がいつも周囲に目を配って気にしている様子を感じ取ると、神経質になってしまうでしょう。結果的に、ふたりの仲が上手くいかなくなってしまうことも考えられます。

というわけで、まずは何よりも今ある恋愛を楽しむことが大切です。
年齢差のある女性との交際は、男性にとって良い刺激となることは間違いありません。
それをしっかり楽しみましょう!